手仕事

いいもの

Img_0945
いつも朝メールを交わし、お互い近況報告をしているものの、いざ「会おう!」とするとなかなか都合が付かなかったnieveちゃん。やっと、久しぶりに会うことができました。
本当はカフェ巡りをしたいところだったのに、お花を育てたり、私よりも畑のことに興味も心も入っている彼女を知っている私・・・。
すっかり甘え、軍手と長靴持参(これが、私とは違いおしゃれな長靴なのだ!)の畑スタイルで来ることをお願いし、苗を植える作業や畑の先生とお話ししたり、愛情込めて作っている野菜たちの見学をしたりと、この日はすっかりグリーンツーリズムデーとなってしまいました。
改めてごめんね~。

でも、本当はこんな風に過ごせることって素敵じゃないか!って思っている私です。
もちろん、「大切」と思えることが一致していないと無理なことなのだけど、幸運にも私にはそんな友人がいる。先生も言っていた。「土いじりができる人とできない人がいるからね。」
私もちょっと前まで後者の方。それが、朝時間を過ごすようになってお散歩したり、自然の中に身を置くようにしたら、不思議と土いじりがしたくなった。
無理して変えようとせずに変わった。
これが自然の力なのかもしれません。もちろんnieveちゃんからの刺激も。
だって、この日もおみやげは手作り石鹸。黒糖とマルセイユ石鹸。
手作りだと石鹸もおいしそうに見えてしまいます(笑)
実はもったいなくてまだ使ってないけど、かならず使うよ~。
本当にありがとう。

追伸 苛性ソーダはくれぐれもお気をつけてお取り扱いください。
でも、爆発はしませんsmile

| | コメント (2)

糸とチャーム

やっとお日様が顔を出した週末、桜も咲きましたね!

その前は冬に逆戻りしたかのような寒い日もあり、ついでに雨・・・・。そんな日でしたが、え~いっと、以前から気になっていたラ ファミーユムトンへ地図を片手に、ひとり行ってきました。お店は自宅2Fをスペースにした、思った通りの素敵なものが溢れた、手作り好きにはたまらない空間でした。目移りしながら、あれもこれもと手に取ってお財布と相談しながら買ったのはこちら。(これでも3千円くらいになったよ)
Img_0813
そして、店内に響くサクサクサク…という音。
それはオーナーさんがフェルトをニードルで刺している音。作品作りをしながらお店番をされています。私がフェルトを始めたきっかけでもあるサクサクの感触。耳で聞く感覚でも癒されるのだな~これが…。
その雰囲気も良くて、絶対また行くと思うすぐにでも!
刺激になります。

| | コメント (0)

usagiの姉妹

Img_0012_2

















なぜか、無性にうさぎを作りたくなって
毎日、何個も何個もつくっていた時がありました・・・。

「無性に」といっても
わたし、うさぎには特別な思いがあって
その特別な思いからどうしても作りたくなるのかもしれません…。
(ミシンも動かなくなっていたせいもあるかな?)
初めは漫画チックな顔だったうさぎたちも
作っていくうちにだんだんと、立体感のある本物に近いお顔になりました!

誕生日も違えば
実は一羽づつ表情も性格も違うのですよ。
よ~くお顔を見ていただけると、なんとなく性格が見えてくるかもしれません。

このフェルトで作ったうさぎたち、crystalbeansさんのお店に置かせていただいております。
行く機会のある方はどうぞ、うさぎたちを手に取っていただけたら嬉しいです。
http://blog.livedoor.jp/yuna89/

そしてさらに嬉しいことが…。
お店に置かせていただいてすぐ、一羽は新たな飼い主さんの手へ渡ったそうです。
その日はクリスマス…。
聞くところによると購入してくださったその方も、うさぎが大好きなのだそうです。
ちゃんと好きな方のもとへと旅立つようになっているのですねぇ。
なんだかとっても嬉しいです♡

| | コメント (0)

かたち

100_2561_2














チクチクとしていた手仕事とは…
実はフェルトでした。

絵心のない私が
なぜか
フェルトだと
描きたいと
そして、
イメージが次から次へと順番待ちしています。
描きたいものは
ぐるり見渡せばすぐそばにあるもの。

今日、レイさんのおかげで
かたちが少し見えてきましたぁ   o(_ _)oペコッ



| | コメント (0)

shushu

子供たちがそれぞれ、学校・幼稚園へ行っている間に
せっせと今度は布相手に手仕事…。

ずいぶんとご無沙汰だったミシンを引っ張り出し、久々の布小物ですshine

こちら、はじめて作ってみたシュシュ。
厚手のリネンだったのでゴムの周りがイメージと違った…かなぁ。

もうちょっと、なんか、
しっくりこないけど
せっかくの久々の布小物だから載せちゃうおう。

そんでもって、早速自分でしてみたら、
まりもたちからは好評でした・・・。

100_2475















| | コメント (0)

KAWASAKI ROSE

102_1750










このばら、実は折り紙なんですよぉ!
可愛い!!
(作ったのは、主人ですbleah。)
折り紙を折ることが得意なまりもヘと頂いた
「折り紙夢WORLD」という本をみて
主人の指が絡まりそうになるくらい何時間も悪戦苦闘し、ようやく咲いたバラなのです。
花の色と葉の色が少々私好みではない…のですが(失礼)
今にもバラの香りがしそうで
蕾がちょうど開いていい感じに咲き始めたころのようです。
川崎敏和さんという数学の教師の方が考案したそうで、そのすべてが独創的。
というか「これ全部折ったの?」と思うほど手数を惜しまず折られたものばかり…。
桜一輪や雪の結晶、機関車などそれはそれは繊細で見事。
先生の指先はどんな指先をしているんだろ?
このバラは特に‘KAWASAKI ROSE’と呼ばれるほどに崇められ
その世界では有名らしい・・・。

先生曰く、
「折り紙には数学的に似たところがあり、紙と鉛筆があれば数学はできるといわれますが、折り紙は紙と指先があればできます。
これは両者にブラックボックスがないことを象徴しています。
人や道具に頼らず、一から十までを自分一人でできます。
自由な思索、自分一人で楽しめる世界が折り紙や数学にはあります。」
ふむふむ、なるほど…。
つまり、まりもは折り紙が大好きで
それにいつも「一人でやる!!!もっちゃんが!!!」と何事にも言うのはそこに通ずるのかしら?
自分の世界があるのね。これで納得できたような・・。
なにはともあれ、「半端じゃないほど器用な人種」の方々に巡り合わせていただいている
手仕事好きな私にとっては載せずにはいられません。
しかも身近な主人もその一人だったとは…。
思わず、感服いたしました。

| | コメント (0)