まりもの成長

リメイク

Img_2109

時間はどう逆立ちしたって1日24時間・・・。

私の場合、お勤めのような切り替えが難しい、家での手仕事は取り掛かるまでが勝負です。

限られた時間は子どもを学校に送り出してから下校するまでの間。

何かが目につき、それをやってしまったら貴重な午前中があっという間になくなってしまいます。

なのに、この前も・・・

アイロンがけをしようとして出したYシャツの襟がすっかり擦り切れているのを発見。

まりものエプロン出来るかも!

・・・・リメイクしたくなってしまいました。

こんな時は誰かが手を取ってくれているかのようにすらすらと作れちゃいます。

型紙はとらず、相棒は勘とはさみとミシン。(笑)

前見ごろ同士を縫い合わせ、真中はチロリアンテープでおめかし。

ポケットも最初から付いている♡

自分で言うのもなんですが、上な仕上がりです!

ちなみに後ろの腰で止めるところはワイシャツの見ごろのボタンですよ。

まりもチャン、気に入ってくれました。

| | コメント (5)

夏の思い出


Img_1226 Img_1361_2

| | コメント (0)

笑笑川(わらわらがわ)

「ここは七北田側に沿うようにして畑があるから、地中で川の水が土に浸みわたり、適度な湿り気をおびて、野菜を作るにはここはとてもいい地形だ」と先生は話していました。

なるほど・・・。自然って理にかなっている。
当たり前に感じているものほど、実はありがたい。
こんなにも身近にある自然の力を利用すれば、
もっと出来ることがたくさんあるのかも・・・。
畑から教えてもらうことは日々たくさんでいろいろ。
私にとっては作品を作るときの原動力にもなっているかもと感じる。

そして、子どもたちにとって水の恵みといえば、やはり水遊び‼
Img_1056

畑の先生は子どもたちが安全に下りれるようにと階段も作ってくれて、いざ、川遊び!
大好きなお友達と一緒に。

Img_1040

素直にまずは、身体で感じて。

Img_1048   

経験したそれらのことが感性の種になってほしいな。

Img_1062

終始笑いが止まらないこの川を子どもたちは「笑笑川ワラワラガワ」と名付け、日が暮れるまで遊びました。
おなかの底から笑える、たからものの場所。

私はこの日トマトの支柱立てに来たはずなのに空振り、しっかり監視員となってしまいました。
でも、見ていても楽しかったな。

| | コメント (3)

Img_0867_2
まりもの夢は動物園の飼育員さんになること。
毎週、欠かさず志村動物園もみて、イメトレもバッチリ!?happy01
そして、どうやら自分はナウシカかも!! と思っているようです。
だって、担当したい動物はライオンかトラ。
・・・母はとっても複雑だけど、応援しています。

(5月初旬の美里町にて)

| | コメント (0)

まりもから

Img_0904 
まりもから母の日にもらいました。
その日はすっかり忘れていて、今日は何やらパパといるなぁと思っていたら、(運転手兼出資)サプライズでいただきました。
母うれしく、これからも母として頑張ります。

clip羊毛とアロマのおくりものはこちらです。

| | コメント (0)

卒園

次女まりもが卒園式を迎えました。100_2527
3年通った幼稚園、長いようで短かったようにも思えます。
仕事をするということもあって3年保育と決めたものの、入園式の朝、ぶかぶかの制服姿を見るにつけ、「やっぱり、あと一年待ってもよかったかなぁ」などと母の方が気持ちグラグラで幼稚園の門をくぐった3年前、4歳の春。(正確には3歳後半)
あの頃たしかに、まだ幼い様に思えたまりものお顔も、今この年を迎えるとすっかりお姉さん顔にみえます。それもそのはず、園生活の中でお友達との関わりや行事を通して、心も体も大きく成長しました。お友達に「ま~ぜ~てぇ」と輪に入って遊ぶ時、体操着がリュックに入ってなくって困った時(母、汗)、「やめて。」のちょっとの勇気が必要なときも、自分で考え行動する。親の手を離れてはじめて様々なことを体験する場所、それが幼稚園。
考えてみれば子育てとは、親の手から離していくことなんだなぁと思ってみたりもして、そうなるとなんだか嬉しい半面、「あんまり急いで大きくならなくてもいいよ~」なんて思ってみたりもする。やっぱり、子育てにおいて迎える成長の節目は、母にとって気持ちグラグラになるのはしょうがないことなのでしょうか…catface
それでも、やっぱり、大きくなってくれて嬉しい、ありがとうheart04
おめでとうだよ!

そして、幼稚園の先生方ありがとうございました。沢山お世話になりました。


「むっつになった」  A・Aミルン

ひとつのときは なにもかも はじめてだった
ふたつのときは ぼくは まるっきり しんまいだった
みっつのとき ぼくは やっと ぼくになった
よっつのとき ぼくは おおきくなりたかった
いつつのときには なにからなにまで おもしろかった
いまはむっつで ぼくは ありったけおりこうです
だからいつまでも むっつでいたいと ぼくはおもいます

| | コメント (4)

大雪の日

Img_0457_2 

朝起きてみたら、外は凄い雪。
かなりの積雪で30cmはあるなと思っていたら、やっぱり。こんなに降ったのは5年ぶりだそう。午後には雨に変わり、ずいぶん解けたけど、路肩にドサッと寄せられた雪を見れば、どんだけ降ったのかが一目瞭然。予想通り幼稚園は休園となりました。
元気なのに幼稚園へ行けない日。こんな日はお友達とも遊べず、さぞかし退屈だったろうにと察する母。
しかも、登園できるのはあと一週間ほど。来週は卒園式。
この制服姿を見るのもあと少しだなぁ…。
そんな思いはまりもも一緒なのか、今日は絵の世界で幼稚園へ行っていたようです。

| | コメント (2)

かまくらが作れるほど。

Img_0324_2

昨日降り積もった雪。

どれほどの大雪か、って?

じゅうぶん2人中に入れて、あったか~いロイヤルミルクティーが飲める。

くつろげるほど大きいかまくらが出来るくらい、こちらは雪が降りました~。

やっぱり、どこよりも多いです・・・・。

| | コメント (0)

最近のまりも

ここのところ、
カテゴリーの「まりもの成長」の記事がすっかりご無沙汰になっておりました・・・・。
も、もちろん子育てもちゃんとしております!

次女まりもに至っては、昨年から、どうしてか顔の傷が絶えず、その度に女親としては悲しいきもちでいっぱいになり、せっかくのお顔が~。と嘆く父母。
しかし、そんな「親バカな思い、子知らず」でご想像どうり本人は明るく元気に、相変わらずのスマイルスマイルです。
長女まりもはすっかりお姉さんらしくなってきました。
今年も、新体操の発表会を来月に控え、覚えなければいけない振付と練習にといよいよ忙しくなってきました。
そして、近頃・・・体形が変わってきました。
同じ女性としては羨ましいほどアップしたカッコいいおしりが際立って、母子の会話もこんな感じになっております。
「ママのお尻ポニョポニョ~」
「ねっ、力入れて、力」
「あっ、全然ダメ~」とダメだしされた上にバカにもされておりますgawk
確かに私のそれとは全然違うカッコいいお尻。
6年分のお月謝の成果はすべて、あのお尻に凝縮されているのであろうと思われます。

それはさておき、今日こちらは大雪でした。
住んでいるここは特に地域一体どこよりも雪は多いはず・・・・。なにせ目の前は泉ヶ岳。
しかし、寒さへっちゃら、まりもたちは早速スキーウエアに着替え、散歩を待ちわびたワンコのように外へ飛び出して行きました。
「ママは寒いの嫌いだもんねぇ~」と言い残して・・・。
「じゃ、写真でも撮ってあげようかっ」と追っていったら、
Img_0307
なぜか、ほふく前進。
「なにやってんの?」の問いに
「今ね、犬なのdog

Img_0306

やっぱり…。

とまぁ、こんな感じで寒さに負けないたくましさで、元気にすくすくと大きくなってくれております。

| | コメント (0)

ひっそりと…。

Img_0052























まだ、気づかれず、ひっそりと
子供たちが起きるのを待つプレゼントたち。

今年のサンタ、出費はかなり大きいです…catface

| | コメント (0)

より以前の記事一覧