« 卒園 | トップページ | 香りもしそうな…フェルトの花 »

変化してやまないもの

Img_0650
日々のことをこなし、バタバタとしていても季節は狂うことなく、春はやってきますね。
そんな春の足音を聞くころ、実は父が他界しました。
いろいろ事情があり、長い間会えずにいた父。
危篤の連絡を受け、駆け付けた私たちを待っていたのはベットに横たわっている父でした。思うところはたくさんあり、何がよくて何が悪かったかなんて答えは出ませんが、最後にたとえ一方通行でも、生きている間に父に触れることができたこと、会えたこと、良かったと思えるから、想いのすべては時間が流してくれたんだろうと思う・・・・。
そう思えた中で心に響いたお釈迦様の教え。
「無常」
無常とはすべてのものが変化してやまないということだそうです。
人は目の前の見えることにとらわれがちですが、私たちの周りにあるすべてのものが移り変わり常に変化するもの。つぼみが開き美しく花が咲くのも無常であり、その美しい時期を終え散るのもまた無常。まさに子育てにおいては子どもの成長もそう。可愛い赤ちゃんからおねぇさんになっていく・・・無常なのです。すべては移り変わり変化してやまないものと知れば、嬉しいこと、辛いことにとらわれず、淡々とした心でいられるのだとか・・・・。
その境地にたどり着くにはまだまだだけど、心で感じた、今のこの気持ちを忘れないようにしたい。父から教えてもらった「泰然自若」ということばを胸に刻んで。
いつでもどんな時でも落ち着いて…平常心を持てるように、さぁ、また頑張ろう。

|

« 卒園 | トップページ | 香りもしそうな…フェルトの花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 卒園 | トップページ | 香りもしそうな…フェルトの花 »