« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

ビオラ

Img_0152_2 

















花の咲かない冬だから
ちょっと先の春が待ち遠しくって
そんな日、
自分の中にある色でビオラを作ってみました。
自分色に咲く花。
心に咲く花。

どんなふうに完成させようか…?
ブローチもいいけどブレスレットもいいかな…?

| | コメント (0)

ちょっとの時間に。

Img_0252














畑や庭いじりが出来るようになってからというもの、自然の気が満ちている場所へ
やっぱり
行きたくなってしまうんですよねぇ。
七つ森。
お天気のいい日、いい時間を見計らってGO!!!

ちょっとの時間のほっ・・・confident
ケイコポウコちゃんとモカモアコーヒーにて。

| | コメント (0)

影絵2

Img_0240
美しいと感じるもの。
その日は何度も何度も空を眺めたのでした…。

| | コメント (0)

影絵

Img_0225_2
美しいと感じるもの…。

| | コメント (0)

繭由からのお知らせ

新年のご挨拶を兼ね
〝繭由の手仕事〟スタートの告知をさせて頂いた方はもう、ご存知ですね。
ファミリー年賀状を送らせていただいた方へは初めてのお知らせとなります。
もともと、細々と気ままに思いついた時にしていた手仕事。
そんな風でしたから、
気分が乗らなければ布に触ることもなく、当然ミシンは部屋の隅に放置。
ここ1,2年は、もはや無期限のお休みに入ったかと思われるほど手が止まっておりました。
ところが去年、ふとした環境の変化から、
自分の中の心の声に気づくことができました。
自分と向き合う時間を作りだしたことで見つけられた、
半ば見ないように心の隅っこに押し込められていた本当の気持ち。

それは、
やっぱり、手仕事が好き! でした。

そして、なんとなしに買ったフェルトに触れて、チクチクさしたら、形になって・・・。
以前感じていた迷い、
表現したいものが布なのかどうかという自問自答はどこかへ飛んで行きました。
しっくりくるとはこういうことなのかな?
こんな大それた告知ができるほどの作品ではないかもしれない。
当然のことながら、もっと、もっと上手な人はたくさんいるし、そんな人から見たら恥ずかしいほどの作品かもしれません。
でも、自分らしさがそこにある。
心にあるものしか作れないとしたら、それはまさしく私が作るたったひとつの作品。
そんな風に思えたら、不思議と手仕事に込める思いも言葉に出来ました。
文章表現が苦手で相談する私に、見守る姿勢でいながらも、
それでいて、的確に親身に助言をしてくれた幼なじみのアドバイスどうり、
自分のことばで綴る・・・。

これからも変わらず妻であり、母であり、嫁であり。(嫁は一番最後か?!)
出来ることはとってもスローかもしれません。
でも、今は、
それができて心地よい自分でいられたら、毎日がもっと変わるような気がするのです。


Img_0133

| | コメント (0)

こんな思いで。

                   白くて丸い繭玉が好き。

          ほどいて紡いで、一筋の糸になる前の最初のかたち。

         モノづくりの始まりとさらにそこから繋げていく大切なもの。

  糸としてかたちになるまでには時間と手間と、いくつもの「丁寧」が詰まっています。

               ふわふわでやさしくってあったかい。

             そんなフェルトを繭玉に見立ててみました。

         空や木や草花などすぐそばにある大切なものをヒントに

             心で見たままに繭玉に描いてみました。

            そばにありすぎて気がつかない大事なものを

             〝たいせつ〟と思える気持ちを大切に。

   身に付けて下さったあなたにありがとうとやすらぎとHappyが訪れますように。

きっと、繭由の手仕事があなた自身の〝たいせつなこと〟の懸け橋となることでしょう。
                                              
                                          繭由の手仕事
  Img_0148_2   

| | コメント (0)

十八番おやつ

Img_0122_2












私の十八番おやつ。
ホットケーキミックスを使ってつくる蒸しパン。
本日は黒豆を入れて和菓子風に。


そして、出来たてほかほかのうちに
まりもがいつも仲良くしてもらっている
お友達の綾ちゃんちへお届け。

クリスマスに手作りミサンガや
この前は妹まりもに可愛いヘアーピンをくれたりと、大の仲良しの綾ちゃん。
そういえば2人、好みも雰囲気もどことなく似ているなぁ。
だから引き合うのね。

3時のおやつに
お口に合えばいいのだけれど…。
Img_0158_4

| | コメント (0)

一番の寒さ

Img_0132_2

















たった小一時間ほどで、あっという間にあたり一面真っ白に…。
どおりで寒いと思ったら。

今までで一番の寒さでした。
仕事の日でなくてよかった~。

写真はお隣さん家の百日紅(サルスベリ)と雪。

| | コメント (4)

おからでドーナッツ

Img_0078_2

















「甘いの食べた~い」

まりもたちの一声に

おからドーナッツを作ってみました。

いつもはチョコがけですが、今日はおからとあって

和の雰囲気できなこ味にしてみました。

小麦粉だけよりボリューム感があって

お食事パンならぬ、お食事ドーナッツ感です。














| | コメント (2)

可愛いポスト。

歩みtoiroさんから この前のtoiro会レポートが届きました。

Img_0121









こんなに丁寧にレポートを頂けるなんて感激です。
ちょっと画像をお借りして、報告のつづきを。
  Img_4720_2













思い思いに綴った、1年後のわたしへの手紙。
こんな雰囲気の中で書きました。
なかには毎年誕生日に自分への手紙を書いているという方もいて、なるほど!
そしてポストへ投函。

Img_4719_3 























一年間、この可愛いポストの中で待っているのです。

| | コメント (0)

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

新年明けましておめでとうございます。
久しぶりに雪の降り積もるなか新年の幕開けとなりましたね。
今年、私は実家で年を越しましたよ。
まった~り、いつになくテレビがお友達でした。1年分見た気分です。
(家にいるのとは違い、得にすることもありませんので…)
もちろん、まりもたちは別で、従姉弟ちゃんたちと押し入れに基地を作ったり、
おもちゃで遊んだり、それはそれは、めいいっぱい楽しんでいたようです。

そこで、ある人に「えっー実家で年を越せるのぉ~?」とびっくりされました。

言われたわたしもびっくり。

「そうなんだ…。普通じゃなかったか…。」

そして、返す私。

「だっていつもは同居してますから!」

・・・・意味不明な弁解。昔の女性からしたら、考えられないことなのかもしれません。
ハイ。
こんなときはいつも、実はすごく恵まれたいい環境なのだと改めて感じます・・・。

ありがとうございます。

それはさておき、実家滞在中、
幼なじみと「初日の出を見に行こう!」と約束していた元日の朝ですが、
朝起きて見れば窓の外は吹雪いていて・・・。
風と雪と自分で想像した寒さにすっかり怖じ気づき、あえなく断念…。
ここ一年、朝時間のなかで日の入りの空の景色にすっかり魅了された私は、
今年は元旦から朝日を拝んでスタートを切るぞーと意気込み、
ワクワクしていたのですが残念・・・。

冬はこうなのですね。
朝の時間を過ごすようになってからというもの、
あらゆる感覚で四季を敏感に感じとることを取り戻せたのは、自分にとってすごい宝物。
いまやその宝物な感覚は色々な面に波及し、沢山の気づきをもらうきっかけになっています。全部とは言いませんが、娘たちにもなにか宝物を残していきたい…。
そう思えるからこそ、今年も日々の生活の中で自然を近くに感じることを惜しまず、大切なことを見失わないように過ごしていきたいと思います。

皆様、どうぞお付き合いくださいね。
本年もよろしくお願いいたします。100_2389_2
100_2392








| | コメント (4)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »