« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

KAWASAKI ROSE

102_1750










このばら、実は折り紙なんですよぉ!
可愛い!!
(作ったのは、主人ですbleah。)
折り紙を折ることが得意なまりもヘと頂いた
「折り紙夢WORLD」という本をみて
主人の指が絡まりそうになるくらい何時間も悪戦苦闘し、ようやく咲いたバラなのです。
花の色と葉の色が少々私好みではない…のですが(失礼)
今にもバラの香りがしそうで
蕾がちょうど開いていい感じに咲き始めたころのようです。
川崎敏和さんという数学の教師の方が考案したそうで、そのすべてが独創的。
というか「これ全部折ったの?」と思うほど手数を惜しまず折られたものばかり…。
桜一輪や雪の結晶、機関車などそれはそれは繊細で見事。
先生の指先はどんな指先をしているんだろ?
このバラは特に‘KAWASAKI ROSE’と呼ばれるほどに崇められ
その世界では有名らしい・・・。

先生曰く、
「折り紙には数学的に似たところがあり、紙と鉛筆があれば数学はできるといわれますが、折り紙は紙と指先があればできます。
これは両者にブラックボックスがないことを象徴しています。
人や道具に頼らず、一から十までを自分一人でできます。
自由な思索、自分一人で楽しめる世界が折り紙や数学にはあります。」
ふむふむ、なるほど…。
つまり、まりもは折り紙が大好きで
それにいつも「一人でやる!!!もっちゃんが!!!」と何事にも言うのはそこに通ずるのかしら?
自分の世界があるのね。これで納得できたような・・。
なにはともあれ、「半端じゃないほど器用な人種」の方々に巡り合わせていただいている
手仕事好きな私にとっては載せずにはいられません。
しかも身近な主人もその一人だったとは…。
思わず、感服いたしました。

| | コメント (0)

やったぁ!!!!

侍ジャパン見事世界一を勝ち取りましたね!!!!
選手の皆さんも昨日凱旋帰国されたようですね。
その日の朝はうしろ髪をひかれながら仕事へ向かい、気もそぞろ…。
ちょうど仕事に一息したころ嬉しい知らせを聞くこととなりました。
試合を実況生で観れなかったのはとても残念だったけど、録画とその後の再度の放送で素晴らしかった試合の様子を知り、感激!!!
やってくれたなぁって。
そんなに野球に精通していない私もおおはしゃぎをさせてもらいました。
夜には主人と二人で選手の方々、そして岩隈さんの活躍を讃え祝杯をあげさせていただきましたよぉwine
あの大舞台で、それぞれの選手の方たちの活躍は素晴らしかったですね。
WBCを迎えるまでにもそして、そのさ中にもそれぞれにドラマがあるんだろうと思わずにはいられません。

本当におめでとうございます!!!!
どの世界においても一生懸命に生きるってホントすばらしいなぁ。
岩隈さん、いつも私たち大人そして子どもたちに生きる素晴らしさをみせてくれてありがとうございます。

そして、なんと私たちハビフレにとってはおめでとうがWでやってきました。
ハビフレで主に経理を担当してくれているtamaちゃんが
無事元気な女の子を出産しました~。
tamaちゃんおめでとう!!!virgoママは頑張ったね。
なんと侍ジャパンが世界一になった24日に生まれたんです。
忘れられない記念日が誕生日、なんて素敵でハッピーな子なんでしょう。
強運を手にし、生まれてきたような気がする!
なにより、みんなに愛され、すくすくと大きくなってくれることでしょう。

| | コメント (0)

[世界水の日」

今日はユニセフが中心となって国連が定めた「世界水の日」です。

蛇口をひねれば、透明で、溢れんばかりにきれいな水がいつも飲める日本の私たちには想像しがたいかも知れません。

世界では不衛生な水しか飲めず、感染症や下痢が原因で命を落とす子が沢山いるのです。

不衛生な水とは、茶色で濁ったとても飲めるものではない、汚れた水です。

小さい子が病気になるのも当然でしょう。

そんな環境にあれば子どもたちは、もちろん、5歳にも満たずに命を落としてしまうでしょう。

5歳といえばまりもと同じ歳です。

自分の子どもの成長と重ねると胸がギュっとなります。

いま、口にしようとしているコップ1杯の水がどれほどありがたいものか…。

でも、そんな私も無駄にしている一人です。

飲もうと思い、入れたコーヒーをひとくちふたくち飲んで、
「あぁそうだった」とまだ途中だった家事を思い出し、冷めてしまったコーヒーなど飲めぬと捨ててしまう自分。

でも、今日の世界の水の日にまた気付けたのだから、今日からできる自分に目を向けよう。

何かを変える力は生活の延長線上にあり、一人一人の気づきとそれが支えるものだと思うから。

家庭の中心にいる母親だからこそ想える「ママだからできること」その視点は絶対に崩せない。

私たちのハビフレの活動の根っこにある気持ちはこんなです。

代表が掲げた言葉

「いっしょに生きようーLive together」そのまんまです。

| | コメント (0)

今までありがとう。そして、これからもお世話になります。

春の訪れは気まぐれと決まっているけど、
この時期、大切な人を送り出すための別れは決して避けられません…。
去年、ハワイで平和学を学ぶために相当な覚悟と決意をもって
母娘2人で旅立って行った代表に続き
今年は、ハビフレの学生たちを送り出すこととなりました。
無事大学を卒業した彼らは、この春それぞれ社会人として新天地へ旅立っていきます…。
「世界のどこかで誰かが泣いている!」と知れば
自分たちのできることは何かないか!!!!と
それぞれの思いを代表譲りの熱い♡と持前の行動力で
子どもたちのニコニコのために力を注いできた、頼もしい青年たちです。
(私の20代の頃とは中身が全然比較になりません…。)
のんびり子育てペースの私たちママにつきあいながら、
自分たちが、いつママやパパになってもいい程にベビーシッターもこなし、
しかし、確実に、やりたいことをできる形で叶えてきた
常にハビフレの中心にいた弟妹たち。
出会えたこと自体ハビフレのお陰だし、財産だなと今さら実感しているよ。
世界のこと、貧困・紛争についてずいぶんと鈍く、
しかも、日々子育て用語に支配されている私の脳細胞にもわかりやすいように教えてくれたね。ありがと。
そのCOOLな頭脳と優しさに支えられていた姉たちにとっては本当に痛手です・・・。
今の時代、どんなに離れていてもメールや電話でやり取りができるし
体がここにないというだけで、さほどと言えばそれまでなんだけど
でも、姉たちは、東京に行ってしまうというだけでどうしても寂しいのは、これはもう母ごころなのでしょうか?
きっとハワイのねぇねはもっと感慨深いんだろうなぁ。
ハワイのねぇね、見てますか?
先日、みんなで美味しいお寿司に舌鼓をしながら送る会をしたよ♡
すべての手配をしてくれたかよちゃんもありがとうね。
弟妹よ、離れているとはいえ、これからもずーと一緒に活動していこうね。
よろしくgood
102_1702

| | コメント (0)

manne's party♡

102_1701スタッフ同士の親睦を深めることと送迎会を兼ね、
オーナーがpartyを企画してくださいました。
待ちに待ったその日は楽しみで楽しみで!!
ところが、
朝から心浮き立つ私の気持ちをよそに
ランチタイムは満席、いつものことながら
目が回るほどの忙しさ!


もちろん、嬉しい悲鳴ですsweat01
102_1700「ご褒美時間」は頑張ってこそ頂けるもの。
その甲斐あって
楽しさも美味しさも倍増のひとときでした。







102_1692_2 お料理は各自一品持ち寄り、お手製です。
みんな美味しくって。
レシピに加えさせていただきます。







102_1698 ワインも美味しかったなぁ。。。
意外にもいける口と
正体をばらしてしまいました…。





夜のmanneを満喫する機会はそうそうないもの…。
ましてや、気の合う仲間との食事とワインはすすみますねぇ。
またの機会がとても楽しみです。
まさちゃんも新しい道で頑張ってね。
そして、またお会いしましょうね!

| | コメント (0)

着物を着る機会

今年の目標のもう一つに 着物を自分で着れるようになる! があります。
不思議なもので
今までは西洋のものに魅力を感じ、そして心奪われることが多かった私ですが
去年、着物を着る機会があったことで
(いや、歳のせいなのか?)
以来、すっかり、着物の虜になってしまいました…confidentheart04
まとった時のどこか懐かしい空気感と背筋がピーンとする感じ…。
布地の風合いや、色、柄、帯との組み合わせによっては季節感も漂う。
着物を語るにはまだまだつたない私の表現力、うまく伝えられません…。
悔しいけれど…。
そこには、
古今変わらず日本女性にず~と着続けられてきた絶対的な存在感があります。
102_1655_2
というわけで
西洋色の強い我が家も私の着物ブームのお陰で、
すこし和の風が吹いていますよ。

3月3日のひなまつりも、もちろん着物でした。




102_1660_2   

母がはまればこのとおり!

まりももれっきとした日本女性ですもん!!





102_1663_2


そして、ちびまりも。
へこ帯って金魚の尾ひれみたいでゆらゆら
可愛い。


母は、まだ一人で着れるまでには全然至っていないので、
こちらで頑張りましたぁ。

102_1652_2


お椀の中身はもちろん蛤ですよ。





2009030318350000hina_2

こちらは、着付けを教えてくれている親友作、
姪御ちゃんたちへの雛祭りメニュー。すごい!!!!
手仕事好きな私としては載せずにはいられません。
手数を惜しまずとはこのこと…。愛情だなぁ。
お内裏様もお雛様もみんな表情があって…。
おめめは2人の姪御ちゃんがつけたそうです。
可愛い♪



彼女は料理の達人でもあり、
着物も安心してみていられるほどに日常、着こなせている素敵さです。
私がそうなるのはいつのことやら…。まぁ焦らず、
まずは着物を着る機会を意識して作っていこうと思っています。

| | コメント (2)

先週のまりも

102_1600_2 先週はまりもの参観日でした。
ところが当日の朝になって
重たい咳がゲホ、ゲホッ・・・。
前の晩は「はやくこないとだめだよ!]
と張り切っていたまりもも次の瞬間には
「行けな~いweep」とべそをかき、休むことに…。

参観で披露する予定だったのは
7匹の子やぎならぬ
「8匹の子やぎ」
次の日、元気に登園したまりもに
「本番出れなかったけど、練習頑張ったね」と担任の先生が
子やぎちゃんのお面を持たせてくれ、上機嫌なまりもは1日かぶってましたぁ。

まりもは時計の中に隠れる一番小さい子やぎの役だったそう…。
そういえば、
私も幼稚園の時、同じ劇で
しかも、同じ子やぎの役だったなぁ。

102_1606 土曜日は3人で公園へ。
外で、体を動かすことが大好きなまりもたち。
自分でにぎったおにぎりをもって
1日がかりで遊んできました。
おひさまは出てて天気もまあまあだったけど
まだまだ風は冷たいです…。




どっちがどっちでしょう?102_1620

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝日新聞 バーン・コ・シンハイスクール

お知らせです。
3月2日の朝日新聞の朝刊で
ハビフレと楽天ゴールデンイーグルスの岩隈投手の
子どもたちにこにこプロジェクト!!!!!が取り上げられます。

昨年、岩隈さんよりハビフレへ頂いたご寄付で
スマトラ沖地震で大被害を受けたタイ・ラノーン県の
小学校バーン・コ・シンハイスクールに図書館を増設することができました。
(AWCさんのお陰です)

日本では当たり前の教育、文字の読み書きができること。
国によっては読み書きができることは自分の身を守る術となります。

図書館増設により、教科書が持てない子供たちも
自由に本を読むことができ
たくさんの知識を得たり
将来の夢、物語を読んで空想したり…。
キラキラと目を輝かすことができればと思わずにはいられません・・・・。

目を通す機会のある方、もしよかったら見てくださいね。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »